プロフィール

この記事は約6分で読めます。

ゆるミニマリストまさのプロフィール

こんにちは!少ない物で暮らしているまさです。

あなたはこの記事を読むことで僕の過去について知ることができます。僕の過去を知ることによって、どんなことを軸に考えているかがわかります。

僕はうつ病になった経験があるので「幸せに暮らす」ことをかなり重視しています。

もしこの考え方に共感してくれた人は「新しい価値観」や「新しい考え方」を知ることができます!
参考にしていただくだけでもあなたの生活を豊かにする手助けになると思います。

僕が発信している内容は

  • 物を減らすことの快適さや方法
  • コーヒー等の趣味についての雑談
  • 多趣味と小さい暮らしの組み合わせ

これらについて発信しています。

どういう人間か

自分にとって不自由にならない程度に物を減らして生きています。
具体的にはテレビは持っていませんし、同じ用途のものは持ちません。新しく物を買ったら古いものは手放しています。
こうしてなるべく使う物の選択肢を少なくすることで、快適に過ごしています。

少ない物で生活していると聞くと意外かもしれませんが、僕は多趣味です。
主な趣味は

  • コーヒー
  • キャンプ
  • 健康本を読むこと
  • テニス

です。どの趣味もかなりものが増えそうな印象ではありませんか?それでも僕なりに小さく暮らしています。

これらの趣味について小さい暮らしを目指している方の参考になると思います。

少しでも気になった方はこの先の僕の過去についてのお話も読んでください。

まさの過去について

物を手放し始めた。

僕は元々超がつくほどたくさん物を持っていました。
大学生の時から一人暮らしを始めて、物を自由に持つことができるようになりました。
すると売り物にならない物の空き箱や、お菓子の缶までも「いつか使うかも」という理由で捨てられず、毎日のように物が増え続ける日々でした。

部屋が散らかっているのは当たり前、掃除がしにくいから滅多に掃除機もかけないような生活になりました。
そんな部屋で生活していれば当然のように、体調不良でワクワクのない毎日を過ごしていました。

そしてそのまま保育士として社会人になった僕は、仕事のプレッシャーで疲労し、家に帰っても、休日になっても休まらない日々を送ったことによって、たった一ヶ月で「うつ病」と診断されました。

休職を申請している間もずっと休むことができませんでした。

生きているだけで洗濯物や洗い物の家事があり、ずっとごちゃごちゃした部屋を見ては「早く片付けなくては」と焦る日々です。しかしベッドから起き上がるだけでも一苦労な生活をしていた僕には、片付けるなんて体力はありませんでした。

そこでぼーっとYouTubeを見ていると「ミニマリスト」という方々のチャンネルを見つけました。そこで僕は彼らの生活スタイルに衝撃を受けたのです。

今まで念のためにと取っておいたものはほとんど必要なく、それなのに幸せそうに暮らしていました。

それまで物はたくさん持っていた方がなんでもできて幸せだろうと思っていた僕にとっては、まるで別世界の話かと感じるほどの新しい考え方でした。

それから僕はミニマリストの方々の動画を見漁りました。そして自分のものを減らす決心をしてとても大きな断活をして、暮らしを変えていったのです。

ミニマリストになって転職

1社目の保育園には結局復帰はできませんでした。それでも子どもと関わりたいと思った僕はすぐに転職先の保育園を見つけました。

そのときには洋服の枚数が200枚から50枚程度まで減っていました。さらに手放すことが快感になってしまっていてどんどん捨てていました。
当時の僕は「ミニマリストになれたこと」に喜びを感じて、物を増やすことをやめました。
たとえ生活が多少不便になったとしても捨て続けました。

仕事の方はと言いますと、前回の保育園にいた時のような全く休まらないという感覚はなくなっていました。
家に帰るとスッキリした部屋が待っていて、家事もかなり楽になっていました。

しかしここでも問題がありました。

それは「物を捨てることばかりを考えてしまう」ことと「物があることにストレスを感じていたこと」です。

このような思考が頭にこびり付いてしまい、またしても体調を崩してしまう日々が戻ってきてしまいました。

二度目の転職と将来への不安

物はかなり減ったのになかなか幸せになれない自分にずっと焦りを感じていました。

この頃には電子レンジはなく、趣味の道具もない。冷蔵庫、炊飯器、洗濯機を手放すかどうかを考え続けてしまうまでになっていました。

半年に及ぶ休職

いろんな不安がおさまらず最終的に半年間仕事をせずに休むことになりました。

この判断はすごくよかったと思います。自分を見つめ直すきっかけになりました。
今までの僕は早く復職しすぎていました。

休職中の初期は不安や焦りがありましたが、時間が経つと少しずつ落ち着いてきました。およそ3ヶ月くらいです。

その時僕は自分がなぜ「ミニマリスト」になりたかったのかを考え直しました。

その結果「幸せになりたいから」というとても当たり前のことに気づいたのです。

物を捨てすぎて生活が不便になったり、気になっていることも「物が増える」という理由で諦めている生活に幸せは感じていませんでした。

ここから僕の生活は変わり始めます。

新しい考え方と生活

半年間の休職で僕は考え方と生活がガラリと変わりました。

まず「完璧思考」となるべくしないようにしようとしました。仕事に関しても完璧を求めなくなりました。
今までは正社員でないといけないという固定概念があり、正社員で就職していました。
しかしそこを見直して「パート」から始めてみることにしました。生活ができるのならパートでも良いですよね。

正社員になって働けなくなるより、パートで勤めて続けられる道を選びました。

持ち物についての考え方も変わりました。
やってみたいことなら所有するようにしています。その代表なのが「コーヒー器具」です。

もちろんいくらでも所有するわけではありませんよ?その趣味を快適にできる最低限を考えて揃えています。
そのように揃えていくと、思いのほか物で溢れることがないんですよ。

やってみたいことができるようになり、パートで仕事が続くようになった僕は今とても幸せです。

もちろん体調は不安定でお仕事をお休みしてしまうことも多々あります。しかしそこは甘えさせてもらい、元気な時に恩返しできるように努めています!!

最後に

ここまで長いプロフィールを読んでくださりありがとうございました。

僕はもう「うつ病」と向き合い、楽しいこともたくさんやりながら、自分なりの幸せを感じて生活していくことを決めました。これは完璧思考をやめたからでた結論だと思います。

僕の小さい暮らしの目的は「物を減らすこと」ではなく、「幸せになること」です。

もしこの記事を読んでくださった人の中で、「ミニマリストを目指したけれど何か違和感がある」と思った人は参考にしてください。あまり無理に減らしすぎなくていいんですよ?

これから「小さい暮らし」と「多趣味」を掛け合わせた記事を書いていきます!
洋服やコーヒーを入れることが趣味なのでそれについての記事が多くなると思います。特にコーヒーは毎日飲むほど好きです。ゆるくコーヒーを楽しみたい方に向けた発信をしていきます。

少しでも参考になるように頑張りますので、よろしくお願いします。

タイトルとURLをコピーしました