服好きミニマリストが考えた相性良いジャンル「軍モノ」について話します

ミニマリスト
この記事は約6分で読めます。

ミニマリストにミリタリーの服を勧めたい理由

ミニマリストになりたかったり、物を減らしたいと考えてる人で「ミニマリストと相性がよい服のジャンルを知りたい」と思った方はいませんか?

また、洋服を減らしている時にどんな服を残したら満足できるかと考えている人にも向けた記事になっています。

ミニマリストと相性が良い服の中に「軍モノ」があります。

軍モノの服の特徴

軍人が着るために作られた服だから高機能

「ミリタリー系の服」いわゆる「軍モノ」は機能に拘られて作られています。

例:アウターだけどインナーのポケットにアクセスできる

ベンチレーションがある

物にもよりますが、他にもまだまだあります。

戦場で動きやすく、
快適に使えるように考えられた作りです。

丈夫な作りになっている

軍モノは高機能だけでなく頑丈という性質もあります。

生地がとても丈夫で10年以上経ってもまだまだ使える服はいくつでもあります。


軍モノは古着が多いですが、それも丈夫さゆえの理由ですよね。

一般人が使いやすいようにリメイクされていることが多い

軍モノと聞くと「自分が着ても変な気がする」だとか、「丈夫さのあまりに着心地が悪そう」と言ったイメージがあるかと思います。

でもそれはミリタリースペックのままオリジナルの色を出してくれたり、オリジナルの生地を使って作ってくれるブランドによって解決されます。

たしかに軍モノは色や形の面で少し選びにくいところはあるかもしれません。しかし有名で人気なジャンルなだけあって、そのスペックで「欲しそうな色」や「さらに使い心地がよくなりそう」な製品を作ってくださっています。

その為想像よりも自分に合う物が見つかったり、着心地が良かったりします。

高性能だからたくさん所有する必要がなく相性が良い

高性能の商品はそれだけで完結できることが多いです。


例:ライナー付きのコート 冬はライナーをつけることで暖かく、春や秋はライナーを外して涼しいコートになる。

こういった物であれば、このコート一つで一年中対応できますよね。

ミリタリー服を選んだときのメリットデメリット

メリット
物が減る

軍モノなら少ない種類で終わらせることができるので所有する量を減らすことができます。

洋服は収納するものの中でも大きく幅を取る物なので、これが減らせるとお部屋がガラリと変わりますよ。

安く済ませることができる

軍モノは希少なモデルでもない限り安く買う事ができます。

もちろん安いと感じるかは人それぞれではありますが、少なくとも有名ブランドから出されている同じスペックの商品よりは確実に安く手に入ります。

ブランドの料金が上乗せされていないからですね。お得です。

ブランドロゴがなくてシンプル

ミニマリストの方でブランドのロゴが気になった人はいませんか?「服のデザインは良いのに、ロゴの主張が強い」などです。

僕は最近これがかなり気になるようになってきてしまい、軍モノが好きな理由の一つです。

軍モノには主張が強いロゴもなく、シンプルです。

着てて楽しい

これは好みが分かれるので大きなメリットではありませんが、僕は着ていて楽しいです。
その時の気温にしっかりと対応したスペックと、活動がしやすいように設計された機能とデザインを身にまとっている感覚がたまらなく好きです。

最近ミリタリーのトレンドが着ているのも理由にあるのかもしれませんが、今現在僕は楽しく着ています。

デメリット
デザインが好みじゃない場合がある

モノ選びの宿命ですよね。デザインが好きになれないとどうしても使う気になれないと思います。

特に軍モノはシンプルではあるけれど、無骨なデザインが多いため、好き嫌いが分かれます。他にも「敷居が高い」と思ってそもそも試してみない方も多いと思います。

今まさにトレンドが来ているので、それを活用してみましょう!今軍モノを着ていても変と思われることは少ないですし、試してみても合わなかったら他のに切り替えちゃいましょう。

ファッションは自由ですからね。

形や種類がたくさんある

軍モノと一言で言っても種類がたくさんあります。

「どの国のどの年代のどこの部隊のものか」たくさんありすぎて迷ってしまいます。

そういったところで考えると、買うときに迷いやすくて思考がごちゃついてしまうのがデメリットです。

日本人の体型だとサイズ選びが難しい

難しい問題ですよね。基本的に外国の物が多いのでサイズがかなり大きいです。

身長が高い人は選ぶのに困らないかもしれませんが、身長が低めの人は選ぶのに少し時間がかかるかもしれません。

店舗だと探さないと手に入りにくい

軍モノは主に「専門店」か「古着屋」で購入します。もちろんセレクトショップに置いてある場合もありますし、リメイクされた物はほとんどがセレクトショップにあります。

ということは、そういったお店が密集した地域に住んでいない限り手軽に見に行くことができません。

もちろんそれが手間ではないと考える人なら良いですが、「いつも最寄り駅の近くのお店で買っている」という人にはかなりのデメリットになってしまいます。

しかし、ミリタリー調の服ならいろいろなところでも売っています。

それこそユニクロ等のファストファッションのブランドでも手に入りますよ。でもそれはデザインを寄せているだけなので、「軍モノの入り」としては良いですが、良さを存分に味わうためには本物を知ってほしいですね。

僕がミリタリーを選んだ経緯

僕はアウトドアブランドから軍モノに切り替えていきました。

軍モノを選んだ理由

ブランドロゴが気になった

上でもお話しましたが、ブランドの服だとロゴが大きく入っていることが多くて気になりました。
特に機能性が高い物が好きだったので「THE NORTH FACE」の服をよく着ていましたが、少しずつ切り替えています。(全部は変えていません。THE NORTH FACEの服の中にもかなりお気に入りの商品があるからです。)

ミリタリーのデザインが好きになった

軍モノにはロゴがほとんどないため、そのシンプルなデザインが好きになりました。色の切り替えもなく、ほとんどワントーンなのがお気に入りです。

元々スペックが高い物が好き

僕は昔から物を選ぶときに機能性重視で選ぶことが多かったです。多少のデザインや持ち運びにくさを犠牲にしても、高性能なものを選んできました。(今となってはデザインやコンパクト性で選びます)

そのせいか軍モノのスペックの高さにグッときてしまうのです。

まとめ

軍モノは種類も多くて探すのが少し大変です。

しかし一度自分にハマるものが見つかれば、それに関連した軍モノがどんどん見つかって、俗に言う「」にハマっていきます。それだけ奥が深いです。

さらにミニマリストとも相性がよく、収集グセがなければかなり少ない量で済むはずです。

もちろん「ミニマリストは軍モノを着るべき」などとは微塵も思っていません。

ただあまり触れてきていないのであれば「意外と良い」から試してほしいです。

食わず嫌いせずに一度試着だけしてみませんか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました